青磁 Celadon

​彫刻家として20年ほど活動後器を作り始めましたが、器の表面に彫刻して初めて実現した彫刻家としての思いもあります。

白磁練込酒注
白磁練込酒注

2019年 磁器 顔料 石灰透明釉 粘土の段階で絵具=顔料を練りこんでいる部分があります。一合入らないぐらいの小品です。 以下3枚同作品

白磁練込酒注 上面
白磁練込酒注 上面
白磁練込酒注 反対側
白磁練込酒注 反対側
青白磁大急須
青白磁大急須

2019年 磁器 青白磁釉  茶こしもちゃんと作ってあります。 以下2枚同作品

青白磁大急須反対側
青白磁大急須反対側
青白磁酒注
青白磁酒注

2018年

青白磁酒注持ち手側
青白磁酒注持ち手側
青白磁酒注 正面
青白磁酒注 正面
青磁イッチン大片口
青磁イッチン大片口

2019年 磁器 弁柄 木灰透明釉 数年前に素焼きの状態で彫刻刀で絵付けしましたが、上手くまとめられず放置していたものに今回イッチンでドットをつけてまとめた。 以下2枚同作品

青磁イッチン大片口後ろ側
青磁イッチン大片口後ろ側
青白磁酒盃
青白磁酒盃

2018年

青白磁酒盃別の面
青白磁酒盃別の面
青白磁酒盃 またまた別の面
青白磁酒盃 またまた別の面
青白磁碗
青白磁碗

2017年

青白磁酒盃
青白磁酒盃

2018年

青白磁酒盃
青白磁酒盃

2017年?

青白磁酒盃別の面
青白磁酒盃別の面
青白磁湯吞
青白磁湯吞

2018年

青白磁湯吞横
青白磁湯吞横
青白磁高盃
青白磁高盃

2018年

青白磁高盃別の面
青白磁高盃別の面
青白磁酒盃
青白磁酒盃

2018年

青白磁酒盃また別の面
青白磁酒盃また別の面
青白磁酒盃また別の面
青白磁酒盃また別の面
青磁湯吞
青磁湯吞

天草陶石を細かく砕いて練って作った天草陶土を買い、ベンガラをごく少量、細かく擂って混ぜ込んだ土が素地です。 微量の鉄分=ベンガラが還元焼成で青く発色します。緑がかるのは木灰中のマグネシウムの影響らしいです。

青磁湯吞 他方向から
青磁湯吞 他方向から

2015年 2度本焼成を重ねています。

青磁湯吞 他方向から
青磁湯吞 他方向から
青白磁酒盃
青白磁酒盃

2017年

青白磁酒盃他方向から
青白磁酒盃他方向から
DSC_2377
DSC_2377