青磁ちょっと前
A little before celadon 2013~2014

この時代の青白磁は私にしては珍しく感覚の遊びに自足して喜々として仕事しているものが結構あります。彫刻家・画家時代の孤立から抜け出るようにお客さんも少しずつですが増えている時期でした。美術家としてと言うより、工芸家、陶芸家になろうとしていた時期です。2,021年現在は美術家として焼き物を作ろうと言う気持ちが強くなっているので、焼き物的な充実のみの作品は割愛する傾向で編集しています。