DSC_7007_edited.jpg

彩ある器作品集一覧

Colorful vessel

​行き詰まりを色彩がきっかけで切り抜けられたことは多々ある。

とはいうものの、染付や青磁などモノトーンの絵でもそうだが、器の曲面上に絵をどう乗せるかがとても重要で、絵柄そのものが独立しているわけではなくその器と不可分であり、

いわば奥行ある立体として絵を描いていているのである。

色彩が立体作品の完成に貢献するということなのだ。​

5つの作品集があります。
​下の写真をクリックしてください。